マンデラ元大統領死去、「虹の国」南アフリカの父


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[December 6 AFP] A long distance which Mr. Nelson Mandela (Nelson Mandela) who became the President of South Africa from the political crime by antiapartheid (policy of racial segregation) movement followed changed South Africa, and affected the world.
Mr. Mandela who was alike and continued some also for the moon from the infection of ? lung, and was in the critical state took over the breath peacefully, being watched by the family at the house in Johannesburg (Johannesburg) on the 5th.
They were 95 years old.
On February 11, 1990 13 years before ? now, Mr. Mandela thrown into prison in opposition to the apartheid organization by a minority group’s white finished and did the source of the prison life for 27 years.
It was maintaining daring [ spirit ], although the body aged.
? — it was a decisive moment in the 20th century.
By releasing the political crime by which the name was known most in the world, President Frederic De Klerk (Frederik de Klerk) sent a certain clear message.
Millions of black persons of South Africa subordinated over hundreds of years also finished the — apartheid which will become free soon.
? — then 71-year-old Mr. Mandela — the speech for the first time in 27 years — “– the basis of the name of [ in me ] the peace for all the people, democracy, and freedom to you — it talks.
It was said that it was standing before here you” as a humble follower who serves you and the people as a prophet.
Mr. Mandela without the sense of ? self-pity compromised with people who threw oneself into prison and carried out cruel treatment to other black persons, and he explained “true reconciliation” in the country caught by fear those days (and still now).
One year after the award of the Nobel Peace Prize four years after ? release, Mr. Mandela gained popularity national overwhelming support, and he was elected as the first black President in the country.
Mr. ? Mandela — a presidential inaugural address — “– we made one contract.
Also at home [ country — ] the right of the inviolability about dignity as man is secured, the black person and the white declared the foreign country to be the contract that peaceful “country of a rainbow” will be built”, without all the people from South Africa could stretch the breast, could walk, and fearing anything.
Mr. Mandela who became ? President is the quiet manner, the speech which manipulates symbolic language skillfully, etc., and he succeeded in preventing serious racial violence.
■ From a prison to the President
Mr. ? Mandela in the ムベゾ (Mvezo) village which is in one of the poorest areas, and Transkei (Transkei) even in South Africa on July 18, 1918 It was born to テンブ people’s head’s home as ホリシャシャ Mandela (Rolihlahla Dalibhunga Mandela).
“Nelson” is the English name I got the teacher of the school to give.
It became ? school days with the activist, and established the law office for the first time as a black person to Johannesburg in 52.
It will be African National Congress () in ? 61. [ African National Congress and ] It became the supreme commander of the underground militant group “ウムコント ウェ シズウェ (Umkhonto we Sizwe, racial spear)” of ANC, and received military training in Algeria and Ethiopia in following 62.
But it was arrested and prosecuted later and was sentenced to life imprisonment in 64.
The speech which Mr. Mandela made in the trial at this time became a manifesto (declaration) of antiapartheid movement.
“I have fought to rule by a white.
It has fought also to rule by a black person.
I have held an ideal called the democratic and free society which lives in the bottom of an opportunity with all equal people.
(Omission) Preparedness to die for this ideal has also been performed.”
After Mr. ? Mandela was stored in Robben Island (Robben Island) for 18 years, he was transported to the pole スモア (Pollsmoor) prison of Cape Town (Cape Town) in 82.
Then, it was re-transported to the Victor Foerster (Victor Verster) prison of the suburban pearl (Paarl).
In South Africa, the pressure from international society is continuing becoming strong during Mr. ? Mandela’s imprisonment.
If set to ? 1989, hard-liners’ P-W and President Botha (P. W. Botha) will resign, and President reconciliation Frederic De Klerk will take office.
Mr. De Klerk ordered release of Mr. Mandela one year afterward.
(c)AFP/Andrew BEATTY




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『マンデラ元大統領死去、「虹の国」南アフリカの父』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/12/06(金) 11:00:36 ID:054a963da

    偉大な方が、地上での仕事を終えて、旅立たれました。
     でも、これからも、南アフリカを、世界を、見守り続けてくださると思います。
     ご逝去を悼み、ご冥福を祈ります。
     ところで、話を変えてすいませんが、日本の政治について、書かせてください。
     十分な審議や有意義な修正がないまま、与党自民党は、昨日5日に、「特定秘密保護法案」を参議院特別委員会で強行採決、今日6日に、参議院本会議での可決成立を図るつもりのようです。
     先月の末の衆議院の特別委員会から、与党自民党は、国民の不安も野党の反対も無視して、ずっと実質上の強行採決を通してきましたが(野党で賛成したのは自民党のサテライトのような「みんなの党」だけです)、これだけ国内外からの批判の声が高まっても(アメリカ合衆国の要人の方や国連の人権委員会の方などから懸念の発言があり、国内の良識ある有名人の方々からも法案反対の発言があり、連日のように日本各地で法案に反対する大勢の人々の集会があっても)、与党自民党は、なにがなんでも強行採決を続けるつもりのようです。
     強行採決で、安倍政権は、自らが独裁的な政権であることを証明しました。
     国際社会の方々は、日本の民主主義が死なないように、注視して、安倍政権と与党自民党に、プレッシャーを掛け、日本の民主主義を殺しかねない「特別秘密保護法」が、現在の形のまま、成立しないように、ご配慮いただければ、と願い祈っております。
     日本の民主主義が死んだら、日本が世界で嫌われて、日本製品の不買運動が起こっても、仕方がないと、私は思います。
     現在の「特定秘密保護法案」では、修正がなされた、とは言いますが、修正事項が法案に明記されていない、口約束だけのものが色々あり、約束が守られるかどうかは、非常に疑わしいです。
     それに、修正された状態でも、まだまだ問題だらけです。
     今の案のままでは、まだ、総理大臣が好きなように秘密指定ができてしまう恐れが、非常にあります。
     その上、現在の案では、アメリカ合衆国の法律と違い、秘密の開示が十分とは思えません。
     30年後に原則開示とのことですが、原則ではなく、全ての秘密の開示が必要と思います。
     なぜかというと、全ての秘密の開示が約束されていれば、開示の実行が時間が経過した後であるとしても、「権力を乱用した悪事はいずれはバレる」ということになるからです。
     それは、権力者の悪事防止になると思うので、全ての秘密の開示は絶対必要と思います。(「いずれは名誉が失墜する、いずれは家族まで不名誉な烙印を押される」ということであれば、どんなに独裁的な権力者であっても、そうそう無茶はできなくなるのでは?と思うので。ただ、60年後全面開示では、期間が長過ぎると思うので、賛成できません。)
     また、現在の案では、特定秘密の妥当性の審議を行う公正な第三者会議という、非常に重要な組織が、存在しないも同然なのです。(現在の案だと、第三者会議に相当する「保全監視委員会」という組織は、内閣の中に置かれ、しかもメンバーは、官僚の事務次官級職員が中核メンバーになるそうなので、公正な第三者の立場に立てないと思います。しかも、この組織の役目は、特定秘密の妥当性を審議して、総理大臣に報告するに留まるのだそうです。それは、不当な特定秘密が報告されても、総理がその指定を解除しない限り、不当でも特定秘密のままになる、ということだと思います。これでは、公正な第三者会議は、ないも同然です。昨日5日、重層的に新たな組織を作るという話もあったようですが、その組織も、結局内閣の影響力が及ぶ恐れの高い組織と思われ、公平な立場の第三者とは言いがたいのです。それに、確か、この2つの組織の設置は、まだ口約束の状態と思います。)
     なので、現在のままの「特定秘密保護法案」が可決されてしまうと、権力者のやりたい放題を隠すために使われてしまう恐れが高いと思われ、非常に心配です。
     例えば、今回の中国の防空識別権問題ですが、この件に関して、中国共産党政府と日本の安倍政権の間で、何らかの密約があったとしても、「特定秘密保護法案」が成立すれば、絶対に表には出て来ないということになると思います。(政府の理不尽で一人息子を殺された家族に、天安門を攻撃された中国共産党政府。TPP交渉の大嘘や特定秘密保護法案」の強行採決などで、国民から非難されている安倍政権。両者共、国民の目を他所にそらすために、共謀して外交問題をでっちあげる恐れはあると思うのです。ただ、でっちあげだとしても、それを本当の対立と見せるために、民間人を犠牲にすることなど、なんとも思わないのが、独裁者達の性質の悪さなので、アメリカ合衆国が、「民間航空機は中国の要求に従って」という見解を出したのも、仕方ないことと思います。安倍政権も、本当に国民の安全を守る気があるなら、そのような見解を出すべきと思いますが、アルジェリアの人質事件の時だって、外遊先から中々帰って来なかった総理ですから、国民の安全を優先する気はないのでしょうね。)
     「特定秘密保護法案」とセットの、「日本版NSC設置法案」は、修正されないまま、先月27日、成立してしまいました。(成立した「日本版NSC設置法」では、議事録の作成の義務付けは、付帯決議で、法的拘束力がないので、「特定秘密保護法案」の方も、現在の形のまま成立すると、実質上、日本版NSCでは、議事録の作成も保存も開示も、行われなくなる恐れがあると思います。それでは、独裁者のやりたい放題が可能になると思います。議事録を書かなかった場合の罰則規定などを、今からでも絶対作るべきと思います。)
     日本の民主主義が死なないことを願い祈ります。
     反対集会で、日本の民主主義を守ろうと頑張って下さっている方々がいます。(それなのに、与党自民党の石破幹事長は、日本の民主主義を守ろうと声を上げる人達のことを批判します。そもそも、与党自民党が、国会でまともに野党の質問に答え、法案がきちんとしたものになるように、しっかり審議していれば、彼らは声を上げる必要はないのです。彼らが大声を上げるのは、大声でも上げなければ、与党自民党には聞こえないと思っているからです。)
     アメリカ合衆国の要人の方や国連の人権委員会の方なども、日本の民主主義をご心配くださり、国内の良識ある有名人の方々も、法案反対のための発言を、なさってくださっています。
     日本の民主党を始め、日本の野党の人々も頑張ってくれています。(一部、自民党のスパイのような人間達もいるようですが。)
     感謝しております。頑張ってください。私も、できることを頑張ります。
     安倍政権と与党自民党は、ろくに審議もせず、「特別秘密保護法案」を、問題があり過ぎる現在の案のまま強行採決で成立させようとしています。(上記のことだけでも、成立させてはいけない法案と思いますが、更に恐るべきことに、「特別秘密保護法案」には、「平和的なデモをテロと見なして処罰する」みたいな条項も潜んでいるそうです。また、「政府の強引なやり方には腹が立つ。あいつらをけん制するためのリークでもないか?」などと友達同士のお喋りで言うと、それだけで犯罪行為と見なされてしまうような、条項も含まれているのだそうです。トロコンニコワさんのような被害者が、日本でも出てしまいそうで、非常に不安です。)
     そのような法案の強行採決、民主主義の無視だと思います。(石破幹事長のような人間が、重要職にいる与党自民党だから、平気で民主主義を無視するんでしょうね。流石に、極端な言葉は訂正されましたが、石破幹事長の発言は、「与党自民党が、これから先、民主主義を求める人々の平和的な集会を、テロと決め付ける恐れがある」と感じさせるものでした。そして実際、「特別秘密保護法案」には、そういう条項が潜んでいるそうです。日本は、民主主義の国なのだから、そんな法案、決して許してはならないと思います。)
     なので、くどいかもしれませんが、 国際社会の方々は、日本の民主主義が死なないように、注視して、安倍政権と与党自民党に、プレッシャーを掛け、日本の民主主義を殺しかねない「特別秘密保護法」が、現在の形のまま、成立しないように、ご配慮いただければ、と願い祈っております。
     日本の民主主義が死んだら、日本が世界で嫌われて、日本製品の不買運動が起こっても、仕方がないと思います。
     日本の民主主義が死なないことを願い祈ります。
    追伸  国民の意思を無視して、日本の民主主義を危うくする、「特定秘密保護法案」の強行採決が行われた場合、与党に対する抗議として、与党系の自治体長のリコールをするというのはどうでしょうか?(例えば、東京都知事、沖縄県知事、北海道知事、宮城県知事など。)
     ど素人考えかもしれませんが、日本国民の皆様、御一考願えれば、と思います。
     と書いていて思い出しましたが、新潟県知事は、いわゆる相乗り候補で、しかも災害対策に熱心で、原発再開にとても慎重な、良い知事では?と思いますので、リコールしない方が良いと思います。(他にも、そういう人達がいるかも?とも思います。なので、誰をリコールするかについては、しっかり吟味すべきと思います。)
    追伸2 今日6日の日本のお天気ですが、全くチェックができていないのですが、警戒や注意が必要な地域もあるかも?
     ちらっと聞いたうろ覚えでは、荒天っぽい感じになる地域もあるとか?気になります。
     それと、今日は11月中旬ぐらいの陽気になる地域もあるようなので、もし、その地域が、今までの降雪が多い地域だったら、雪崩とか落雪とかなど、寒さが緩んだ時の雪害の恐れがあるのでは?などと気になっております。
     警戒や注意が必要な地域の方々は、どうぞお気をつけて。(と偉そうに書いておりますが、本当に今日の私は全然お天気のチェックができてないので、上記以外に書くべきことがあっても、チェック漏れしているかも?そうなっておりましたら、お許しください。)
     他にも色々書きたいことがあるのですが、すぐ書けないのが、申し訳ない思いです。
     例えば、エジプト情勢(民主主義を求める人々が、エジプト軍サイドに、人権侵害されていると思いますので、国際社会の監視が必要と思います)、シリア情勢(民間人の方々や子供達をも巻き込むひどい攻撃を止めさせ、一刻も早く停戦させるため、国際社会の方々は、アサド大統領サイドにプレッシャーを掛け続けていただければ、と願い祈っております)、イラク情勢(イスラム教の神様は、悲劇の繰り返しを望まれないと思います)、ウクライナ情勢(親ロシアの政権は、EUへの参加を望む人達の集会を強制排除するなど、人権侵害をしている恐れがあり、国際社会の注視が必要と思います)、パレスチナ情勢、パキスタン情勢、アフガニスタン情勢、それに、世界で起こっている痛ましいテロ事件。(例えば、2人のフランス人ジャーナリストの方々がアフリカで殺害された痛ましい事件、亡くなられた方々のご冥福を祈ります。)
     また、フィリピンの台風30号被害やソマリアの水害や、アメリカ合衆国の荒天による災害やヨーロッパの荒天による災害や、ベトナムの水害や中国の水害など世界の大きな災害など(必要に応じ、できるだけ、救助救援活動への、国際社会の方々の、ご協力をお願い致します。)。
     それに、ラトビアのスーパーの崩落事故や中国のパイプライン爆発事故、バハマ沖のハイチ難民船転覆事故やスコットランドグラスゴーのヘリ墜落事故、アメリカ合衆国の列車事故など世界の大きな事故など(原因究明再発防止と、必要に応じ、国際社会の方々からの救助活動等へのご協力を、願っております)、それ以外にも、気になることは、沢山あります。
     世界の平和を祈ります。