マニアック 特撮テレビ 超神ビビューン


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

mmm

超神ビビューン
超神ビビューン

『超神ビビューン』(ちょうじんビビューン)は、1976年(昭和51年)7月6日から1977年(昭和52年)3月29日までNETテレビ(現・テレビ朝日)系で、毎週火曜日19:00 – 19:30に全36話が放送された、東映製作の特撮テレビ番組。『アクマイザー3』の続編である。

アクマ族の侵攻から地上を守っていたザビタン・イビル・ガブラは、アクマ族を操っていた大魔王ガルバーの呪いによってその魂はカプセルの中に閉じ込められてしまった。
この戦いの後、地上には地底に身を潜めたアクマ族に代わって凶悪な妖怪が出現。妖怪バックベアードの呪いを受けた月村圭は飢えと渇きで苦しむ。妖怪研究者のダイマ博士は七星壇の儀式を行い、全宇宙の最も輝ける星・破軍星を地に降ろす。月村は破軍星から降臨したザビタンの魂と一つとなり、神をも超える戦士・超神ビビューンに変身。イビルの魂を受け継いだ菅一郎=超神バシャーンと、ガブラの魂を受け継いだ渡部剛 = 超神ズシーンと力を合わせてバックベアードを倒す。三人の超神は正義と平和を守るため、妖怪と戦うことを決意。妖怪を影から操る大魔王ガルバーの野望に立ち向かう。

超神ビビューン 第07話[公式] part1


超神ビビューン 第7話 「椅子が歩いた?謎の蒸発事件」
椅子が歩く、椅子が飛ぶ。椅子に目玉がついている。その椅子に座ると、みんな骨にされ­てしまうのだ。さぁ、大変だ。超神ビビューン、ズシーン、バシャーンが出動する。

超神ビビューン 第07話[公式] part2

『アクマイザー3』との関連性

企画段階のタイトルは『アクマイザー3 魔神ハンター』とされ、強化された続編になる予定であったが、スポンサー側からの条件として「従来の変身ものに戻す」ことが提示され、結果としてヒーローも敵側も一新される形となった。前作のような仮面劇は子供には受け入れ難く、同時期放送の『宇宙鉄人キョーダイン』も「変身もの」として路線変更されている。
オープニングのタイトルバックに「アクマイザー3」と表示され、『テレビマガジン』(1976年8月号)など放映当時の各児童雑誌にも「アクマイザー3の魂は3人の若きスポーツ選手にうけつがれ…」と書かれていた。しかし、アクマイザー3が登場するのは第1話のみで、大魔王ガルバー以外は前作からの登場人物は一切登場せず、設定の多くは受け継がれなかった。アクマイザー3をカプセルに封印した大魔王ガルバーもアクマイザー3について言及することはなく、最終回で彼らが倒されてもアクマイザー3が復活する描写はなかった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E7%A5%9E%E3%83%93%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%B3

【東映】アクマイザー3 メドレー【1975年】




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク