ポルトガル、最終戦勝利もプレーオフへ W杯欧州予選


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[October 16 AFP] The Europe primary of a soccer World Cup Brazil convention (2014 World Cup) in 2014 15 days, The game was held in various places, and although Portugal of the group F gave Luxembourg by 3-0, by the primary of main International Convention, turning to the play-off which serves as continuation 3 times decided it.
Although it is Portugal in which a victory was stored by ? Coimbra (Coimbra), since Russia of the group first place gained the draw and the winning point 1 required for this participation in a convention by 1-1 in Azerbaijan and an enemy’s territory, it will be content with the 2nd place.
? — Portugal became a form where the compensation which won the degradation partner and did not go out was paid like the World Cup South Africa convention in 2010, and the primary of European Championship 2012 (UEFA Euro 2012), now.
When Portugal lacked by the suspension overwhelmed Kristi Arno Ronaldo (Cristiano Ronaldo), ? captain, with ball possession and many golden opportunities were made, were standing receiving Luxembourg at it, but アウレリアン Joachim (Aurelien Joachim) was leaving in response to the red card in 28 minutes in the first half.
When were ? Carried out, and シルベストレ Barrera (Silvestre Varela) and ナニ (Luis Cunha aka Nani) took the score in succession the 1 minute afterward, as for Portugal, the El Dell ポスティガ (Helder Postiga) mentioned 3 score eye in 33 minutes in the second half.
The Joan モウティーニョ (Joao Moutinho) supplied the decisive path, and ? Portugal directed all three scores.
(c)AFP




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ポルトガル、最終戦勝利もプレーオフへ W杯欧州予選』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/16(水) 15:59:46 ID:7f2830943

     ポルトガルと言えば、フィーゴを思い出します。
     スーパースターを生み出した国でも、ヨーロッパ予選は苦労するんですね。
     やはりレベル高いんだなぁと思います。
     ところで、話を変えてすいませんが、アメリカ合衆国について、書かせてください。
     アメリカ合衆国で、共和党が、暫定予算や債務上限引き上げを人質にとるようにして、オバマ大統領の「医療制度改革」の邪魔をしようとしています。
     オバマ大統領の「医療制度改革」は、風邪をひいたのにお医者に行けずにこじらせて肺炎になって亡くなってしまったとか、歯が痛かったけれど歯医者に行けずにそれが元で亡くなってしまったなどという、先進国で普通だったら起こるはずのない悲劇を防ぐために、人々が当然受けるべき医療を提供するのが目的の改革と思います。
     私は、仏教徒ですが、これは、キリスト教で言う、「汝の隣人を愛せ」の精神の事業と思います。
     それなのに、なぜ共和党の人々は邪魔をしようとするのでしょう?
     神様よりもお金を愛しているから?
     オバマ大統領の足を引っ張って、選挙で勝利するために邪魔している?
     そのような目的のためなら、暫定予算が可決されず、合衆国の行政が部分的にストップして、合衆国国民や合衆国経済が多大に被害を受けることになっても、共和党の人々は、構わないのでしょうか?
     だとしたら、そのような人々には、政治の仕事を辞めて欲しいと思います。(ティーパーティに逆らえないという話がありますが、もしかして、彼らに弱味を握られて脅されているのでしょうか?そういう話、日本でも、日本の自民党辺りでありそうに思うので。彼らも、予算審議を人質に取るようにして、日本の民主党政権に、我侭な要求をしていたので。)
     オバマ大統領の「医療制度改革」が守られ、合衆国の暫定予算や債務上限引き上げが、一刻も早く可決されることを、祈り願っております。
     話を変えてすいませんが、日本でも、庶民いじめの政治がなされています。
     日本では、現在大企業などの法人に、東北の震災の復興のための、特別税が課せられているのですが、日本の自民党政権は、その特別税を、前倒しで廃止しようとしています。
     事実上の法人減税です。
     そしてその一方、庶民生活を圧迫する消費税は、来年春からアップされることが決定になりました。
     アベノミクスの物価高なのに、賃金は上がらず、庶民は苦しんでいるのに。
     日本の自民党は庶民いじめの政治をまたやっているのです。
     それだけではありません。現在日本の自民党は、「国家安全保障会議」(政治犯狩りを行う組織にならなければ良いがと心配です)の新設のための法案や「特定秘密保護法案」(日本の自民党案では、秘密保護の適用範囲が広くなりすぎる恐れがあり、アメリカ合衆国のような、50年後の秘密の開示などの条項もないと、聞いた覚えがあるので、権力者のやりたい放題を隠すために使われる恐れが高いのでは?と非常に心配です)の成立を急いでいます。
     庶民いじめの政治は、どんどん進められている気がします。今でさえ消えそうな日本の民主主義の灯火が、どんどん弱まって行くようで、とても不安です。
     日本の民主主義の灯火が消えてしまったら、国際社会で、日本製品の不買運動が起こっても、仕方ないと思います。
     日本の民主主義の灯火も、守られるよう祈っております。