フランスが空爆開始 深刻化する難民問題で方針転換


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

空爆

フランスが初めてシリア国内の過激派組織「イスラム国」に対して空爆を行ったと明らかにしました。

 オランド大統領は27日に会見を開き、偵察飛行の情報をもとにシリアで初めて空爆を行ったと発表しました。フランスの戦闘機6機が、シリア東部のデリゾール付近にある「イスラム国」の訓練施設を破壊したということです。また、必要に応じて、数週間以内にさらに空爆が行われる可能性があるとしています。フランスは去年9月からイラクにある「イスラム国」の拠点を空爆していましたが、シリアについてはアサド政権を利するとして慎重な姿勢を保っていました。しかし、ヨーロッパで難民問題が深刻化していることや、シリアの「イスラム国」がフランスでテロを実行する可能性があり、自国を守る必要があるからとして、今月初めに方針の転換を発表していました。

仏軍がシリアで「イスラム国」拠点を空爆 2015年09月27日 19時48分 – 読売新聞


テレビ朝日

仏軍がシリアで「イスラム国」拠点を空爆 2015年09月27日 19時48分
読売新聞
イラクでの空爆に参加する一方で、シリアでは「イスラム国」と敵対するアサド政権の延命につながるなどの理由で攻撃を見送っていたが、内戦の泥沼化で難民問題も悪化したことなどから方針転換した。 空爆は米国など有志連合と連携して実施。戦闘機など6機を投入し、シリア
仏がシリアで初空爆 深刻化する難民問題で方針転換テレビ朝日
仏、シリアで初空爆実施 「イスラム国」掃討狙う日本経済新聞
対IS作戦、仏がシリア初空爆 ロシア、周辺国に「枠組み」構築提案AFPBB News
朝日新聞東京新聞日刊アメーバニュース
all 51 news articles »




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク