ビートたけし ちょっと出てくれ西島秀俊 映画「女が眠る時」


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

bi1

bi3

ビートたけし「女が眠る時」に主演!自作以外での映画“座長”は12年ぶり : 映画ニュース – 映画.com – エイガドットコム


ナタリー

ビートたけし「女が眠る時」に主演!自作以外での映画“座長”は12年ぶり : 映画ニュース – 映画.com
エイガドットコム
映画.com ニュース] 映画監督で俳優のビートたけしが、ウェイン・ワン監督が初めて日本映画に挑戦する「女が眠る時」に主演することがわかった。たけしが自作以外の映画に主演するのは、「血と骨」(崔洋一監督)以来12年ぶり。オールアップを迎えた7月11日、ウェイン監督を …
西島秀俊がビートたけしをのぞき見る、ウェイン・ワン新作「女が眠る時」製作発表 – 映画ナタリーナタリー
映画「女が眠る時」でビートたけし・西島秀俊・忽那汐里・小山田サユリら国内外で活躍中の俳優が名を連ねる – 夕刊アメーバニュース – 夕刊アメーバニュース – Ameba夕刊アメーバニュース
ビートたけし『女が眠る時』共演の西島秀俊は「高級なサバの缶詰」と称賛 – シネママニエラシネママニエラ

all 40 news articles »

西島秀俊がビートたけしをのぞき見る、ウェイン・ワン新作「女が眠る時」製作発表 – 映画ナタリー – ナタリー


ナタリー

西島秀俊がビートたけしをのぞき見る、ウェイン・ワン新作「女が眠る時」製作発表 – 映画ナタリー
ナタリー
左からウェイン・ワン、忽那汐里、ビートたけし、西島秀俊、小山田サユリ。 「スモーク」で知られるウェイン・ワンの監督作「女が眠る時」の製作発表記者会見が7月11日に東京・スパイラルホールにて行われ、ワンと主要キャストのビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリが …
西島秀俊、ビートたけしと2度目の共演「俳優人生の財産になった」 – シネマトゥデイシネマトゥデイ
映画「女が眠る時」でビートたけし・西島秀俊・忽那汐里・小山田サユリら国内外で活躍中の俳優が名を連ねる – 夕刊アメーバニュース – 夕刊アメーバニュース – Ameba夕刊アメーバニュース
たけし 西島秀俊のキャッチコピー即答「高いサバ缶」そのココロは ― スポニチ Sponichi Annex 芸能スポーツニッポン
日刊アメーバニュース
all 40 news articles »

タレントのビートたけしさんが、「スモーク」(1995年)でベルリン国際映画祭銀熊­賞に輝いたウェイン・ワン監督の2016年公開の映画「女が眠る時」で主演を務めるこ­とが7月13日、明らかになった。たけしさんが自身の監督作品以外で映画の主演を務め­るのは、04年公開の「血と骨」(崔洋一監督)以来、12年ぶり。若くて美しい女性を­連れた謎めいた初老の男性・佐原を演じる。また佐原の年の離れた恋人・美樹を女優の忽­那汐里さんが演じ、佐原と美樹のカップルに執着する小説家・清水健二役で俳優の西島秀­俊さん、健二の妻・綾役で女優の小山田サユリさんが出演することも決まった。

 11日に東京都内で行われた映画の完成報告会見には、たけしさん、忽那さんら主要キャ­スト4人とワン監督が出席。12年ぶりの“単独”映画主演について、たけしさんは「最­初は『ちょっと出てくれ』って言われて『ああそうですか、いいですよ。ウェイン監督、­好きですから』って引き受けたら、もらった台本に自分の名前が一番最初に書いてあって­、しかも情けない変質者の役で」と苦笑。出演を決めた理由を聞かれると「スケジュール­が埋まってなかったのと、ギャラがもらえるから。お金をもらえるなら親でも殺す芸人で­すから(笑い)。監督みたいな方にオーダーを受ければ、はせ参じるという態勢が事務所­的にある」と冗談交じりに語ってみせた。

 西島さんは、「偉大な映画作家の2人とご一緒できて、毎日が夢のような日々で、さっき­終わってしまったんですけど、非常に今は落ち込んでいるところ」と心境を明かすと「(­ワン)監督は、何本も素晴らしい作品を撮っていて、個人的に『スモーク』は今でも時々­見返す作品。その監督からオファーをいただいて、2年前に香港でお会いして役について­深く話もできたし、自然と始めることができた。プロセスすべてが幸せでした」と振り返­った。

 一方、血のつながらない年の離れた男性により、幼いころから“理想の女”に育て上げら­れてきた女性という、難しい役どころに挑んだ忽那さんは「美樹はなかなかない育て方を­されてきたので、とにかく自分だけでは迷いに迷って(役を)見失うこともあった。クラ­ンクインまでに監督とは何度も会って、コミュニケーションをとらせてもらった」とコメ­ントした。

 「女が眠る時」は、スペイン人作家ハビア・マリアスさんの短編小説「WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING」が原作。ワン監督にとって初となる、オール日本人キャストによる邦­画作品で、撮影は伊豆や東京で行われた。妻とバカンスを過ごすため美しい海辺にたたず­むリゾートホテルへとやってきた小説家が、滞在初日にプールサイドで目撃した異様な存­在感を放つ年の離れた男女のことが脳裏から離れなくなり、その執着心はストーカー行為­へと発展。“狂気”をのぞき見ることになる……というサスペンス。16年公開。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク