ハンガリー有毒汚泥流出事故、工場運営会社に賠償命令


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[November 6 AFP] The court of country capital Budapest (Budapest) passed the judgment which orders the compensation payment to a victim to the factory management company in western Hungary on the 5th in 2010 in the trial involving the accident into which a lot of harmful waste fluid flowed out of the waste fluid reservoir of the aluminum refining plant.
? court to a MAL Hungary aluminum production sales company (MAL Hungarian Aluminium Production and Trade Company), One child was lost in the accident, and also two children ordered the payment of 32 million forint (about 14,300,000 yen) to the family who got the serious burn.
The lawsuit of ? this time is a lawsuit of the beginning of the lawsuits of 23 affairs filed by the company in quest of reparations.
The MAL side shows an intention to appeal to another court to the judgment on the 5th.
In addition, the company is [ which it was ordered to pay the local environmental authorities 2011 and 135 billion forint (about 60,400 million yen) ] sentenced.
? accident occurs on October 4, 2010.
The poisonous mud to which a 1,100,000-cubic meter bad smell is released tore the wall of the reservoir, flowed out, and took out ten dead persons and about 150 injured persons, and hundreds of people lost their houses.
In the river of the neighborhood where sludge flowed in, almost all living things became extinct and that sludge also arrives at the Danube etc. caused an environmental pollution accident of the Hungary worst ever.
(c)AFP
2ちゃんですけど勘弁してね スマホ




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ハンガリー有毒汚泥流出事故、工場運営会社に賠償命令』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/11/06(水) 14:59:23 ID:f002c6b91

     痛ましいです。
     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々が、回復なさっておられますよう、祈ります。
     公害も、忘れると繰り返します。
     悲劇を風化させず、ハンガリーが、豊かな自然と共に栄える国になりますよう、祈ります。
     ところで、話を変えてすいませんが、日本のことについて、書かせてください。
     「日本版NSC(国家安全保障会議)設置法案」が、可決されて、明日7日にも衆議院を通過する見込みだそうです。(今日午後3時、委員会質疑をNHKが放送するようです。)
     そして、安倍政権は、あさって8日にも、「特定秘密保護法案」の審議も、始めるつもりのようです。
     日本の自民党政権が目指していると思われる、資本主義独裁体制が、スピードアップして固められていくように思われて、私は非常に不安です。
     「日本版NSC(国家安全保障会議)設置法案」は、安倍総理や総理周辺が中心メンバーの組織を作って、その会議で、独断的に、外交・安全保障の重要事項を決定できるようにするための法案と思います。
     なので、庶民目線を持たず、資本主義独裁体制を目指していると思われる日本の自民党政権下で、日本版NSC(国家安全保障会議)が誕生しそうだということが、私には非常に不安に思われてなりません。(この組織が悪しく運用されれば、自衛隊の活動が良くない方向に使われてしまう恐れがあったり、日本で再び政治犯狩が行われるようになってしまう恐れなども、あると思いますので。)
     それなので、日本の民主党は、「日本版NSCの議事録を作れ」(権力の乱用を防ぐためと思います)と主張したそうなのですが、現在の法案では、日本版NSCの議事録は、付帯決議に入れるだけなのだそうです。(付帯決議では法的拘束力がない、つまり、将来、「議事録を取り忘れた」と日本版NSCが言ったとしても、関係者を法律で罰することができないそうです。)
     なので、現状のまま、日本版NSC(国家安全保障会議)が誕生するのは、非常に良くないと思うのですが、安倍政権は、それに加え、特定秘密保護法も、急いで作ろうとしています。(日本の自民党による、「特定秘密保護法案」では、秘密保護の適用範囲が広くなりすぎそうな不安がある上に、アメリカ合衆国のような、25年後の秘密の開示の義務付けもないので、権力者のやりたい放題を隠すために使われる恐れが高いのでは?と非常に心配です。)
     「日本版NSC(国家安全保障会議)設置法案」と「特定秘密保護法案」が、現状の形のまま、セットで可決されてしまうと、日本が、独裁者達のやりたい放題が隠蔽される国になってしまう恐れが、非常に高くなってしまうと思われ、非常に不安です。(例えば、両法案が現状のまま可決されれば、日本版NSCは、事実上、議事録の作成も、議事録の開示も、行う義務がなくなると思います。他にも、色々と独裁者達がやり易い状況になる恐れがあると思います。)
     両法案には、更なる審議と更なる修正が必要と思います。
     それでなければ、日本は民主主義でなくなってしまうと思います。国民の権利も自由も、制限されてしまうと思います。
     日本が民主主義でなくなったら、日本製品の不買運動が起こっても、仕方ないと私は思います。
     日本の民主主義と、国民の権利と自由が守られることを、祈り願っております。(今日6日、国会中継が、NHKで午後3時から午後5時までの予定であるそうです。誰が何を言っているか、見ておくべきでは?と思います。)