ドローンで流血 グラミー賞歌手エンリケ・イグレシアス 


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

グラミー賞歌手エンリケ・イグレシアス、コンサート中にドローンで流血

ドローン流血

クランクイン! 6月1日(月)12時8分配信

 日本では首相官邸の屋上に落下したことで一躍注目度が高まった小型無人機「ドローン」。上空からの映像が簡単に撮影できるということで野外イベントやコンサートに導入されることがあるが、『HERO』などのヒット曲で知られるスペイン出身でグラミー賞受賞経験も持つ、ラテン・ポップ歌手エンリケ・イグレシアスがそんなドローンで右手を負傷したという。

 TMZによるとエンリケは現地時間5月30日、メキシコのティファナで行ったコンサートで飛来してきたドローンを手で掴んだ際に負傷し、流血騒ぎになったという。

 ドローンは演出の1つで、エンリケは負傷する前にも何度かドローンを掴み、会場を埋め尽くした1万2000人のファンに自分の目線からの映像を見せて喜ばせていたそうだ。しかし掴む箇所を誤ったため手を切ったという。事故後のエンリケを写した写真では、手に巻かれた包帯や着ていた白いTシャツが赤く染まっていた。

 負傷直後にステージの脇に行きスタッフに怪我の具合を見てもらったエンリケ。コンサートを中止してすぐに病院に行くようアドバイスされたそうだが、プロ根性を見せてステージに戻り30分ほどパフォーマンスを続けたという。エンリケはその後、空港で待機していた救急車で応急処置を受けてから、専門家の診察を受けるため飛行機でロサンゼルスに向かったそうだ。

ドローン規制は世界的な流れです。

アメリカでは、ドローンの商業利用が原則禁止されており、広告収入が見込める動画共有サイトにドローンで撮影された映像をアップロードすると、法的な罰則を示唆するDMが届くようです。
日本もそうされる危険性があります。

0001

00022

ドローンで撮影した映像をyoutubeにアップしただけで、動画内容はどうあれ犯罪とされるのです。

ドローン規制の目的の大きな一つは、姑息な手段で権力闘争し、派閥争いしている既得権益者が権力を保持するためには、一般市民が総ジャーナリスト化してしまうのは、利権構造を変えかねず、ドローンと言う証拠・立証能力を持つ武器を野放しするのを避けたいのです。

規制の目的は、我々国民の安全やテロ防止などではありません。

よって、天皇・ロスチャイルド・教皇など一切関係なく、彼らの規制に向けての利害は一致しているのです。

そして、活動家の支援者を取り締まる流れも同じことです。

この事件など向こう側は大好物な事件なのです。

ですから、これらの動きを糾弾するのは我々一般市民しかいないのです。

引用 http://sayuflatmound.com/?p=12439




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク