セアカゴケグモ 横浜で初確認


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

セアカゴケグモ

セアカゴケグモ(背赤後家蜘蛛、Latrodectus hasseltii)は、ヒメグモ科に分類される有毒の小型のクモの一種。和名は、「背中の赤いゴケグモ」の意味。本来日本国内には生息していなかったが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種である。

世界での分布

オーストラリアを原産地とし、ニュージーランド、ヨーロッパ諸国、東南アジア、アメリカでも生息が確認されている

日本での分布

1995年11月に日本で最初に大阪府高石市で発見された。以降日本各地へ分布域を広げた。
2014年11月時点で37都府県で確認されており、一部では定着も確認されている。
本州(27都府県:宮城県、岩手県、福島県、群馬県、茨城県、栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、静岡県、山梨県、岐阜県、三重県、京都府、大阪府、滋賀県、石川県、福井県、奈良県、和歌山県、兵庫県、広島県、岡山県、鳥取県、山口県)
四国(4県:香川県、徳島県、高知県、愛媛県)
九州(6県:福岡県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県)

どんな症状が出るのか

咬まれた時はほとんどの場合、針で刺さされたような痛みがあり、咬まれた箇所に熱感を感じることや紅斑を伴うことが多い。

重症化すると筋肉がまひするなどの症状が現れます。これまでに、国内で死亡した事例は確認されていません。

小児や高齢者は症状が重くなる恐れがあるので注意が必要である。

かまれたら、どうするか

クモに咬まれたら、余分の毒を流水や石けん水で洗いおとします。多少出血があっても、包帯や止血帯はしないほうが良いでしょう

できるだけ早く近くの医療機関を受診してください。ただし,しびれや痛みが全身に広がった時には,救急車を利用してください。

できれば咬んだクモの種類がわかるように、殺したクモを医療機関へご持参ください。

有効な抗毒素血清がありますので、咬まれたときはまず、医療機関に相談してください。

オーストラリアの抗毒素は劇的な効果のあることが認められている。これは、アナフィラキシーショックを起こすこともほとんどないので、全身症状が現れれば積極的に使用すべきある。

毒は獲物を咬んだときに獲物の体内へ注入される、神経毒の「α-ラトロトキシン」である。この毒を有するのはメスのみで、オスは人体に影響する毒を持たないと言われているが、オスについては知見が少ない。オスの牙は小さく、人の皮膚を貫通できないと考えられているが、過去に咬傷事例が報告されている。オーストラリアでは死亡例があるが、日本では報告されていない。大阪府では毎年本種による被害が発生しているが、重篤者は出ていない。2012年9月には、福岡県でも同様の被害が発生した。
オーストラリアでは古くから代表的な毒グモとして知られており、抗血清も存在する。日本でも、発生地域の医療機関で抗血清を準備しているところがある。メスに咬まれた部位は激しい痛みを感じた後に腫れ、全身症状(痛み、発汗、発熱など)が現れることがある。重症化することは少ないが、全身症状が現れた場合には医療機関で診察を受けることが望ましい。

駆除方法

幼体、成体ともに市販のピレスロイド系の殺虫剤によって駆除が可能である[2]。卵については、殺虫剤が効きづらいため潰すか焼却する必要がある。

天敵類

捕食者としては、同じく外来種であるクロガケジグモをはじめとし、イエユウレイグモやカゲロウの仲間が存在する。また、捕食寄生者としてはカタビロコバチやヒメバチ科の仲間が存在する。また、2009年には国内種であるベッコウバチの1種であるマエアカクモバチが本種を補食していることが確認された

引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%82%B1%E3%82%B0%E3%83%A2

セアカゴケグモ、北海道に上陸 北見で初確認 – 朝日新聞


朝日新聞

セアカゴケグモ、北海道に上陸 北見で初確認
朝日新聞
道や北見市によると、2日午後3時50分ごろ、市内の中古車整備工場の従業員から「毒グモらしきものがいる」と市に通報があった。市職員が中古車のバンパーの裏側に巣を張っていたクモを捕獲。環境省がセアカゴケグモと確認した。中古車は4月ごろに愛媛県を出港した船で …
横浜でセアカゴケグモ 素手で触らないよう注意産経ニュース
毒グモのセアカゴケグモ、横浜で初めて見つかる毎日放送
北見で外来種毒グモ 北海道内で初確認、被害はなし北海道新聞

all 9 news articles »

毒グモのセアカゴケグモ、横浜で初めて見つかる

毒性の強いセアカゴケグモが、これまで生息していないとされていた地域でも見つかりま­した。セアカゴケグモは、青森より南の広い範囲に生息していて、今月に入ってからは、­西日本で大量に発見されていましたが、東京都内でも初めて見つかり、26日午前から現­地調査が始まりました。

暖かくて低い場所を好む習性があるセアカゴケグモ。私たちの身近な場所では、長い時間­置いてある自動車の下や道路などにある自動販売機の下などに巣を作ることが多いといい­ます。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク