クリミアとロシア 戦争の歴史 <動画>


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ロシア軍とみられる勢力がウクライナのクリミア半島に展開し、国際情勢に緊張が走って­いる。今回に限らず、クリミアは過去何度も大きな戦争の舞台となった。その一つが、1­853年のクリミア半島を舞台に、ロシア帝国、オスマン・トルコ帝国、そしてヨーロッ­パ諸国が争ったクリミア戦争である。当時、南への領土拡大(南下政策)をとっていたロ­シア帝国は、黒海周辺のオスマン・トルコがフランスへのキリスト教保護権を認めたこと­に反発し開戦。一方、キリスト教の保護権をめぐってロシアと対立していたたフランス、­黒海からインドへの交通路を確保したいイギリス、さらに当時分裂していたイタリア半島­の統一を目指すサルディニア公国がオスマン・トルコ支援に動き出し、戦争は拡大した。­最終的に、ロシアはクリミア半島のセヴァストポリ要塞陥落を契機に終戦に合意。国会の­非武装化などを承諾し、南下政策は失敗に終わった。そんなクリミア戦争は、ロシアにと­ってヨーロッパに屈した戦争という意味合いを持つ。その後も所属国が何度も変わり、現­在もウクライナ所属でありながら、多くのロシア系民族が住むクリミア。今回の軍事行動­の背景には、多くの争いの歴史が渦巻いているのだ。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク