カンピロバクター いわき市の飲食店で集団食中毒


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

hh
hh1

いわき市の飲食店で集団食中毒 「カンピロバクター」が原因

福島・いわき市の飲食店で、集団食中毒があった。
いわき市保健所によると、8月11日、いわき市平の飲食店「torico de torico」で食事をした男性14人が、下痢や腹痛などを訴えた。
保健所の調べで、「カンピロバクター」が原因の集団食中毒とわかり、この飲食店を3日­間の営業停止処分とした。
14人は全員、快方に向かっているという。

カンピロバクターとは

カンピロバクター(Campylobacter)は、グラム陰性でらせん状に湾曲した形態を示す真正細菌の一属の総称である。一般的には1982年に食中毒菌として指定された Campylobacter jejuni と Campylobacter coli を指すなどカンピロバクター症の原因菌として呼ばれることが多い。
学名はギリシア語で「曲がった」を意味する形容詞καμπύλοςと、ラテン語で「細菌」を意味するbacterを合成したもので、「曲がった細菌」という意味を持つ。ラテン語の発音を転写すると、カンピュロバクテール(カンピロバクテル)である。
菌体は、長さ0.5 – 5µm、幅0.2 – 0.8µm程度の桿状であるが、全体がらせん状に1 – 2回ねじれたらせん菌であり、顕微鏡下ではS字状、またはカモメ状(seagull)に観察される。芽胞を形成せず、菌体の一端または両端に一本の極鞭毛を持ち、運動性がある。微好気性または嫌気性で、酸素濃度 3 – 15% 及び 30 – 37℃の条件で増殖する。菌種によっては二酸化炭素や水素ガスを発育に必要とするものがあるが、至適条件は菌株により異なる。乾燥には弱い。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

原因

ヒトでは1982年に食中毒菌として指定された Campylobacter jejuni と Campylobacter coli の感染によるものが大部分を占め、汚染された食品や水、保菌動物との接触により感染が成立する。C. jejuni と C. coli はコレラ毒素に類似したエンテロトキシンを生産し、エンテロトキシンにより食中毒症状を発症する。具体的には、保菌動物や鳥類などのふんにより汚染源となった食品の摂取。肉(特に鶏肉)の生食や加熱不十分、飲料水、サラダ、未殺菌の牛乳など。イヌ、ネコなどのペットも保菌していることがある。2006年EU/EFSAの報告によれば、鶏肉の80%が汚染されている。汚染されても、臭いや味に変化はない[3]。また、潜伏期間が2~5日と比較的長いことから、原因となった食品が残されていないことが多く、原因が特定されない場合も多い。食中毒事例からの検出は、C. jejuni と C. coli が90%程度とされているが、現在の検出方法は C. jejuni と C. coli 以外の検出に適していない事が原因である[4]。
ウシでの原因菌は Campylobacter fetus であり、主に交尾感染により伝播する。
京都市保健福祉局などの調査によれば、ウシの胆汁から Campylobacter jejuni が150検体中42検体 (28%) から検出、全国調査では胆汁から35%、肝臓から12%の検出が報告されており、と殺の際に胆嚢を破らない注意が必要で、牛レバー生食による感染の危険性を示している
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%97%87

カンピロバクター食中毒と症状




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク