イラン、核施設への抜き打ち査察を容認


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

[October 16 AFP] Vice Foreign Minister Abbas アラクチ (Abbas Araqchi) of Iran by the nuclear development issue of the country 16 days, The new proposal shown in Geneva (Geneva) in Switzerland on the previous day said that it is what admits the surprise inspection to the nuclear facility in Iran to the Western-countries side, and corrected the utterance of previous self.
The Nuclear Nonproliferation Treaty which makes possible the surprise inspection to the nuclear facility in ? Iran () [ Non-Proliferation Treaty and ] although, as for Vice Foreign Minister イアラクチ asked about whether application of the additional protocols of NPT is included in a new proposal, all these subjects for discussion did not exist in the stage of “beginning to Islamic Republic News Agency (IRNA) — the final stage — us — in part (proposal) — having become — ” — having stated .
The additional protocols of ?NPT are the International Atomic Energy Agency (). [ International Atomic Energy Agency and ] The compulsory inspection by the surprise to the Iran nuclear facility by IAEA was accepted, and a duty of the information dissemination about all the activities relevant to a nuclear fuel cycle is imposed further.
Although Iran of ?NPT contracting State accepted additional protocols from 2003 to 05 years, in response to the fact that the nuclear development issue was taken up in the U.N. Security Council (United Nations Security Council), it had stopped application.
(c)AFP




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『イラン、核施設への抜き打ち査察を容認』へのコメント

  1. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/17(木) 10:56:39 ID:608859a7a

     やはり、イランの新しい政権は、国際社会との融和を目指す政権なのですね。ど素人の甘さと言われるかもしれませんが、良かったと思います。
     ただ、イランにも色々な考えの人達がいるでしょうから、新政権が核施設への抜き打ち査察を容認したと言っても、まだまだ大変なことなどあるのかも?とも思います。
     関係者の方々のご努力を、願い祈っております。
     ところで、話を変えてすいませんが、アメリカ合衆国について、書かせてください。
     アメリカ合衆国で、共和党が、暫定予算や債務上限引き上げを人質にとるようにして、オバマ大統領の「医療制度改革」の邪魔をしようとしていましたが、現地時間16日(日本時間今日17日)、合衆国上院は、債務上限を引き上げて政府機関の一部閉鎖を終わらせる法案を可決したそうです。
     共和党上院の人達は、やっと、合衆国国民の人々のことを、考えてくれたのだと思います。
     でも、共和党下院の人々、とりわけ、ティーパーティの人達はどうでしょう?(共和党下院の人達は、ティーパーティに逆らえないという話があったように思うのですが、もしかして、ティーパーティに弱味を握られて脅されているのでしょうか?そういう話、日本でも、日本の自民党辺りでありそうに思うので。日本の自民党も、予算審議を人質に取るようにして、日本の民主党政権に、我侭な要求をしていましたから。)
     オバマ大統領の「医療制度改革」は、風邪をひいたのにお医者に行けずにこじらせて肺炎になって亡くなってしまったとか、歯が痛かったけれど歯医者に行けずにそれが元で亡くなってしまったなどという、先進国で普通だったら起こるはずのない悲劇を防ぐために、人々が当然受けるべき医療を提供するのが目的の改革と思います。
     私は、仏教徒ですが、これは、キリスト教で言う、「汝の隣人を愛せ」の精神の事業と思います。
     それなのに、「医療制度改革」を邪魔をしようとする人達は、神様よりもお金を愛している?
     それとも、選挙で勝利するためにオバマ大統領の足を引っ張りたいと思っている?
     いずれにせよ、そのような目的のためなら、合衆国の行政が部分的にストップして、合衆国国民や合衆国経済が多大に被害を受けることになっても、構わないと思う人達がいるなら、そのような人々には、政治の仕事をする資格がないと思います。
     オバマ大統領の「医療制度改革」が守られ、債務上限を引き上げて政府機関の一部閉鎖を終わらせる法案が、一刻も早く可決されることを、祈り願っております。
     話を変えてすいませんが、日本でも、庶民いじめの政治がなされています。
     日本では、現在大企業などの法人に、東北の震災の復興のための、特別税が課せられているのですが、日本の自民党政権は、その特別税を、前倒しで廃止しようとしています。
     事実上の法人減税です。
     そしてその一方、庶民生活を圧迫する消費税は、来年春からアップされることが決定になりました。
     アベノミクスの物価高なのに、賃金は上がらず、庶民は苦しんでいるのに。
     日本の自民党は庶民いじめの政治をまたやっているのです。
     それだけではありません。現在日本の自民党は、「国家安全保障会議」(政治犯狩りを行う組織にならなければ良いがと心配です)の新設のための法案や「特定秘密保護法案」(日本の自民党案では、秘密保護の適用範囲が広くなりすぎる恐れがあり、アメリカ合衆国のような、50年後の秘密の開示などの条項もないと、聞いた覚えがあるので、権力者のやりたい放題を隠すために使われる恐れが高いのでは?と非常に心配です)の成立を急いでいます。
     庶民いじめの政治は、どんどん進められている気がします。今でさえ消えそうな日本の民主主義の灯火が、どんどん弱まって行くようで、とても不安です。
     日本の民主主義の灯火が消えてしまったら、国際社会で、日本製品の不買運動が起こっても、仕方ないと思います。
     日本の民主主義の灯火も、守られるよう祈っております。

  2. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/17(木) 14:48:59 ID:a37ed3d2b

     他にも、パレスチナ情勢(多くのパレスチナの人々は、ただ平和に暮らしたいだけなのに、イスラエルの右翼政権が、パレスチナの人々の住む土地に、入植して侵食するから、問題が起こるのだと、私は思います)、イラク情勢(イスラム教の神様は、繰り返される悲劇を嘆かれ、イラクの平安を望んでいらっしゃると思うので、イラク政府だけで治安維持が難しい場合、スンニ派とシーア派が共に参加する、イスラム教の国々で構成される国連軍を作って、イラクの治安維持に協力してもらったら、どうだろうか?などと、素人考えしております)、移民の人達の乗った船の繰り返される悲劇(難民の人達に、何らかの方法で、世界の天気予報を教えてあげる、などといったことも含め、国際社会の方々には、移民の人達を支えるための国際的なサポートや寄付を、どうぞよろしくお願い致します)、パキスタン情勢(人々の命が弄ばれる痛ましい悲劇が再び起こったそうですが、そのために、きっと、イスラム教の神様は、お嘆きになっていると思います)、パキスタンの大地震(時間が経ちましたが、まだ心配です。救援活動などが、スムーズに進捗していることを祈ります)、インドのビル倒壊(情報のチェックが出来てなくて申し訳ないですが、行方不明の方々は、皆様発見されたのでしょうか?痛ましい事故の再発防止のため、違法建築の取締りが徹底されることを祈ります)、ケニアのショッピングモールの悲劇(事件の全貌が明らかにされ、二度と悲劇が繰り返されないことを祈ります)、アフガニスタン情勢(イスラム教の神様は、アフガニスタンが、人々の命が弄ばれるような地になることを、絶対に望んでいらっしゃらないと思いますので、タリバンは、早く和平交渉のテーブルに着いて、アフガニスタンを戦いから解放して欲しいです)、薄熙来氏(薄氏の再審請求で、薄氏の夫人へのバッシングなど、良くない動きが起こっているように感じられますので、薄氏やご家族の人権が守られるよう、国際社会の方々の注視が必要と思います)、スノーデン氏の件(私は、彼はお金で雇われたスパイの疑いがあり、アメリカ合衆国の人々の安全を、危険に晒している恐れがあると思うので、早く帰国すべきと思います)、それに、世界の大きな災害など(必要に応じ、できるだけ、救助救援活動への、国際社会の方々の、ご協力をお願い致します)、それ以外にも、気になることは、沢山あります。
     世界の平和を祈ります。

  3. 名前:通りすがりです 投稿日:2013/10/17(木) 14:51:14 ID:a37ed3d2b

    追伸2 ところで、がらっと話題を変えてすいませんが、日本版のAFPですが、10月に入ってリニューアル?
     ニュース各記事の下の方に書かれている、記事を転載したブログの表示が、変なことになっていると思います。
     消費税関連の話題など、本当は多くの人達がブログエントリーしているのに、各記事に表示されているブログの数は1つとか2つ、しかも、表示されているブログは、最新のエントリーではない、みたいなことになっています。
     また、記事によっては、ブログエントリーがあるのに、全然エントリーがない表示になっているものもあります。
     それらのことは、日本版AFPのトップページの一番下の方にある、新着ブログエントリー一覧をクリックして気づきました。
     そういった状態なので、ブログに非常にコメントを出し難く、苦労しております。(もしかして、物価高の中で消費税アップを決定して、その一方で、法人減税をやろうとしていたり、日本の政権を自民党の独裁政権化してしまいかねない、「国家安全保障会議」新設のための法案や、「特定秘密保護法案」を、急いで作ろうとしている安倍政権への非難のコメントが、ネットに溢れないようにという配慮?だとしたら、日本版AFPは、安倍政権の関係者などからプレッシャーを受けている?などと妄想してしまいました。)
     日本版AFPが、以前のようなスタイルに戻って欲しいと願っております。