イスラム国 ロヒンギャ族を戦闘員に


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

ロヒンギャ族

ロヒンギャ族がISIS勧誘の格好の標的に

アジアでの勢力拡大を狙うテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)が、迫害を受けてミャンマー(ビルマ)を脱出しているイスラム系少数民族ロヒンギャ族を戦闘員に勧誘し、訓練しているという。

 この数年でミャンマーを脱出したロヒンギャ族は最大10万人に上り、兵力増強をもくろむISISの格好の標的になっているとの懸念が高まっている。彼らの目指す地が、ISISが人員募集を活発に行っているマレーシアやインドネシアであればなおさらだ。

 現在、シリアとイラクでISISメンバーとして戦闘に加わっているインドネシア人は約700人、マレーシア人は約200人だ。シンガポールのリー首相は先週、「東南アジアはISISにとって重要な人材勧誘の場になっている。インドネシア人とマレーシア人のISIS戦闘員は多く、彼らだけで一部隊をつくっている」と語った。伝えられるところでは、この部隊はカティバ・ヌサンタラと呼ばれている。

受け入れ国もなく家族ぐるみでISISに入る例も

 135以上の民族が暮らすミャンマーでは民族同士の軋轢が多い。特にロヒンギャ族はミャンマー西部のラカイン州で仏教徒と長年にわたって衝突を繰り返し、数万人が国外脱出を試みる事態に発展している。

 しかし、多くの国はロヒンギャ族の受け入れに消極的だ。家族を養うお金もない彼らの間で、ISIS参加が魅力的な選択肢として急速に広まるかもしれない、と専門家は警告する。イスラム過激派やISIS支持者がロヒンギャ族に対し、シリアでの戦闘に加わるよう唆すメッセージをインターネットに投稿していたとの指摘もある。

 政治暴力・テロリズム研究国際センター(シンガポール)のグナラトナ所長は、ISISは弱い立場にあるムスリムを勧誘するのが巧みになってきていると指摘する。「以前は個人だったが、今は家族でISIS入りする例が増えている」

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6163359

現状

一般に、ミャンマーの多数派である仏教徒から迫害を受けているため世界各地へ亡命していると説明され、UNHCRは関係諸国に保護を求めているが、タイやマレーシアなどの周辺諸国はロヒンギャを経済移民視しており、難民認定しないことで一致している。このため、母国での迫害を逃れて、国外へと脱出するロヒンギャの人々は周辺国でも不法入国者として罰せられることが多い。
バングラデシュ南東部にも暮らす約20万人のロヒンギャのうち10~20%は、劣悪な仮定住キャンプ(政府が公認するのはナラパヤとクトゥパロンの2箇所)の環境下にあると報告されている[Human Rights Watch, 2009]。
タイでも、海路で避難したロヒンギャは違法な「移住労働者」、またはパタニ連合解放組織などの南部(深南部)のテロに繋がる危険な「ムスリム」として、強制送還が行われている。タイでは、ロヒンギャの人身売買収容所が存在し、ロヒンギャの人身売買が行われている。さらには、タイの入管当局者と人身売買業者が共謀している事例もある。そもそもタイは難民条約に加盟していないことから、難民を認定し庇護する法律が国内に存在していない。このためロヒンギャは、難民ではなく不法入国者として扱われている。
難民条約加盟国である日本でもロヒンギャが難民申請しているが、入管によって退去を強制させられている事例がある。日本の法廷で争われているとおり、ロヒンギャ難民の問題には不可解な点が多く認められ、加えて「難民条約」の定義では解決し難いため、難民認定は低調な数字のままである。
長年ロヒンギャは、ミャンマーとその周辺国から見捨てられた状態であったが、2013年5月20日、テイン・セイン大統領は、バラク・オバマ大統領との会談において、直接ロヒンギャへの言及はなかったものの、「ミャンマー国内のイスラーム教」という表現を用い、民族間対立を解消すると表明した。2015年には、ミャンマーから海路で流出するロヒンギャが激増したため、アメリカ国務省は周辺諸国に受け入れを呼びかけている

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%92%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A3

ロヒンギャ族がISIS勧誘の格好の標的に – Newsweekjapan

ロヒンギャ族がISIS勧誘の格好の標的に
Newsweekjapan
アジアでの勢力拡大を狙うテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)が、迫害を受けてミャンマー(ビルマ)を脱出しているイスラム系少数民族ロヒンギャ族を戦闘員に勧誘し、訓練しているという。 この数年でミャンマーを脱出したロヒンギャ族は最大10万人に上り、兵力増強を …

and more »

ミャンマー:最高司令官「IS警戒」 ロヒンギャに浸透も – 毎日新聞

ミャンマー:最高司令官「IS警戒」 ロヒンギャに浸透も
毎日新聞
ロヒンギャは主にマレーシアやインドネシア、豪州を目指すが、各国は受け入れに消極的だ。一旦受け入れれば、新たな受け入れを余儀なくされる可能性があるからだ。 シン氏は「(国家樹立を宣言した)ISの戦闘員になるにはロヒンギャとしてのアイデンティティーを捨てる必要が …

and more »

【アジアの目】困窮「ロヒンギャ族」を戦闘資源“草刈り場”にするイスラム過激派 国際社会は無力 – 産経ニュース

【アジアの目】困窮「ロヒンギャ族を戦闘資源“草刈り場”にするイスラム過激派 国際社会は無力
産経ニュース
… ミャンマーの両国にまたがる地域で、苦しい生活を強いられているイスラム教徒(ムスリム)のロヒンギャ族の人々を狙い、イスラム過激派が勢力拡大を図っている。ミャンマー政府に対応を迫るばかりで国際社会が手をこまねいている隙に過激派はロヒンギャ族の若者を戦闘員に

and more »

ミャンマー政府によって迫害を受けるロヒンギャの悲惨な現状

【勝谷誠彦】ミャンマーの無国籍民族“ロヒンギャ族”の漂流から、勝谷誠彦が難民問題を考える!!

ミャンマーのロヒンギャ族 モーリー・ロバートソン

【BBC】 父も国も家もなく 漂流するロヒンギャの子供たち
幼い子供たちが飢えて泣いていました。小さな漁船でタイの沖合を漂流し、インドネシア­で漁師たちに救出された数百人の移民たち。その多くが、ミャンマーでの抑圧や暴力を逃­れて必死の思いで国を出たロヒンギャ族です。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク