イエメン武装勢力、サウジに弾道ミサイル発射


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

弾道ミサイル0

イエメンのイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装勢力フーシ派(Huthis)は6日未明、サウジアラビア南部ハミースムシャイト(Khamis Mushait)に向けて短距離弾道ミサイル「スカッド(Scud)」1発を発射した。サウジアラビア当局は、自国の防空軍がパトリオット(Patriot)ミサイル2発を発射し、このスカッドミサイルを撃墜したと発表した。フーシ派がサウジに弾道ミサイルを発射したのは初めてとみられる。

国営サウジ通信(Saudi Press Agency、SPA)が伝えたサウジ当局の声明によると、スカッドは現地時間6日午前2時45分(日本時間同8時45分)ごろ、イエメン北部のサーダ(Saada)州にあるフーシ派の拠点から発射された。その後、今年3月26日からイエメンの反政府武装勢力に空爆を行っているサウジアラビア主導の連合軍が、今回のスカッド発射に使用された発射装置を破壊した。

 フーシ派と協力関係にある武装勢力の報道官はイエメン国営のサバ(Saba)通信に対し、スカッドはハミースムシャイトにある空軍基地を狙っていたと述べた。イエメンの武装勢力はこれまでにもサウジ領内に砲撃は行っていたが、弾道ミサイルを使用したのは初めてとみられる。

 連合軍はフーシ派のミサイルを破壊してきたが、連合軍の報道官が衛星テレビ局アルアラビーヤ(Al-Arabiya)に語ったところによると、イエメンの反政府武装勢力は紛争勃発前に入手していたとみられるミサイル約300発を複数の洞窟に隠しているという。

 スカッドが発射された前日の5日にはアリ・アブドラ・サレハ(Ali Abdullah Saleh)前イエメン大統領派がフーシ派の支援を受けてイエメンとの国境に近いサウジのジザン(Jizan)とナジュラン(Najran)を攻撃して数時間の戦闘となり、連合国側の発表によるとサウジ兵4人と武装勢力の数十人が死亡したほか、イエメンのタイズ(Taez)やアデン(Aden)などでも戦闘で民間人を含む多数の死傷者が出た。

 5日の一連の戦闘の数時間前にフーシ派は2000人以上が死亡した紛争終結を目指してスイス・ジュネーブ(Geneva)で開かれる会議に出席すると表明したばかりだった。国連(UN)は6日、和平会議はジュネ―ブで今月14日に始まると確認した。(c)AFP/Jamal al-Jabiri

http://www.afpbb.com/articles/-/3050983

弾道ミサイルの特徴

弾道ミサイルの特徴としては長射程、困難な迎撃、高価、低い命中精度が挙げられる。

迎撃が困難

射程が長い

射程が長いと目標からはなれた安全な場所から発射できる。発射される前に発射母機ごと破壊しようとすることが困難である。また、射程が長いと攻撃可能な範囲が広いので発射前の発見が困難となる。

迎撃困難な軌道を通る

放物線軌道の高い高度では弾道ミサイルは短距離弾道ミサイル(以下SRBM)クラスでも宇宙空間を通る。そこまで迎撃用のミサイルを打ち上げるのは容易ではない。通常の地対空ミサイルや空対空ミサイルで迎撃できる高度は高性能なものでもせいぜい数十km程度なので、弾道ミサイルを打ち落とすには専用ミサイルの開発か既存ミサイルの性能向上が必要となる。

発見しにくい

一箇所に据え置いている発射台方式やサイロ方式は別にして、鉄道上や道路上を移動できる弾道ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル(以下SLBM)は発射箇所自体が必要に応じて移動するため、発射する前に発見するのが困難になる。
現にナチス・ドイツのV2ロケットはトラックに牽引されて運ばれる方法だったため、敗戦まで1度も発射前に発見・妨害されたことがなかった。
潜水艦発射弾道ミサイルは偵察衛星からその姿を確認することは不可能なため、発見するのは一層困難になる。

着弾までの時間が非常に短い

弾道ミサイルが発射されてから着弾するまでの時間は距離や軌道によって変化する。射程が10,000km前後ある大陸間弾道ミサイル(以下ICBM)であれば30分程度あるので、早期警戒衛星によって発射と同時に探知することで迎撃体制をとることは(SRBMなどに比べれば)容易ではある。SRBMクラスは5分程度で着弾するため、相応の技術をつぎ込んだ迎撃システムが必要となる。

非常に速度が速い

着弾に近いミサイルの高度が低くなる段階では速度の問題があるため簡単には迎撃できない。
ミサイルは再突入の段階で落下の法則通り加速度的に高速となる。ICBMクラスであれば秒速約7km程度、IRBMでも秒速2km程度の終末速度となる。また、IRBMでもロフテッド軌道をとることで終末速度をより高速にすることもできる。この非常に高速なミサイルを迎撃する弾道弾迎撃ミサイルは高い精度

迎撃後の処理も必要になる

通常弾頭であればこの危険はほとんどないが、核弾頭や化学物質を積んだ弾頭の場合、打ち落とせても落下地点付近が弾頭に搭載された物質で汚染される。発射前から発射直後であれば自国が汚染されることはないが、既存の迎撃システムは迎撃できるのが中盤から落下直前であるため、自国やその周辺が汚染される。

命中精度

基本的に弾道ミサイルは最初の数分間加速した後は慣性で飛行するだけとなっている。つまり最初の数分間で到達した速度によって着弾地点はほとんど決まる。加速終了地点から着弾地点までの距離が短ければその差はそれほど問題にはならないが弾道ミサイルの場合数千km単位で飛ぶためその誤差は徐々に大きくなり着弾地点では大きな差となってしまう。そのことから弾道弾が長射程になるほど、その誘導装置は高度な技術が必要で高価となり、開発国の技術レベルが国家の戦略にも影響を与える。

命中精度の指数であるCEP(半数必中界)は100m-2km程度で、優秀であるほど兵器としての運用の柔軟性を持つ。米ソ(ロシア)の保有するICBMは1万キロを超える射程であるにもかかわらず、CEPは100-200メートルである。
CEPが優秀であれば、弾頭威力が低くとも目標に対して十分な破壊力を発揮する事ができる。
弾頭威力が低くても構わないということは(その技術があると言う前提ではあるが)弾頭の小型化を図ることができ、弾道弾の搭載量が充分であれば多弾頭化(MRV)を行う事ができる。
誘導技術がさらに進歩するならば複数個別誘導再突入体(MIRV)が可能になり、さらには大威力弾頭で都市を攻撃するだけのカウンターバリュー戦略から、軍事目標を選択して攻撃するカウンターフォース戦略に選択肢を広げる事が可能となる。
この誘導装置の能力(命中精度)から、目標を破壊するための所要威力が算定され、その威力を発揮する核弾頭の小型化が困難であれば、弾頭は大型化し、弾道弾のペイロードを食いつぶすために必然的に単弾頭化したり射程が低下する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%BE%E9%81%93%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

イエメン武装勢力、サウジに弾道ミサイル発射 和平会議に暗雲 – AFPBB News


AFPBB News

イエメン武装勢力サウジに弾道ミサイル発射 和平会議に暗雲
AFPBB News
【6月7日 AFP】イエメンのイスラム教シーア派(Shiite)系反政府武装勢力フーシ派(Huthis)は6日未明、サウジアラビア南部ハミースムシャイト(Khamis Mushait)に向けて短距離弾道ミサイル「スカッド(Scud)」1発を発射した。サウジアラビア当局は、自国の防空軍が …

and more »

トルコ首都の交差点にロボット像、お騒がせ市長が設置 – AFPBB News


AFPBB News

トルコ首都の交差点にロボット像、お騒がせ市長が設置
AFPBB News
【4月5日 AFP】トルコの首都アンカラ(Ankara)に2日、「トランスフォーマー(Transformer)」のような大型の像が出現した。市民の間では手の込んだエープリルフールの冗談ではとの声も聞かれたが、メリヒ・ギョクチェク(Melih Gokcek)市長によって設置されたものだ。

and more »

大陸間弾道ミサイル(ICBM) ミニットマンIII 発射訓練・核ミサイル地下サイロ

北朝鮮メディア、潜水艦発射弾道ミサイル発射実験に成功と報じる

韓国軍は、射程距離500キロ以上の弾道ミサイル開発し、発射実験に成功しました。北­朝鮮全域が攻撃できることになります。




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク