アルコール消費はアメリカで80,000の年1回の死の直接原因です


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

最近の研究によれば、アルコール消費は毎年、南北アメリカでほぼ80,000の死の直接原因です。
雑誌(熱中)の中で公表されて、研究は、ノースとラテンアメリカの16か国からの年1回の死亡率を分析しました。
研究者は、死がアルコール消費のある形式なしでは生じていなかっただろうということを意味して、アルコールに特に起因した死に注目しました。
[私たちの目的はそうだった]地域の国々からアルコール死に関するより多くの詳細情報を得るために。」研究共同執筆者Maristelaモンテイロ博士、アルコール上の次長および全米保健機構のための物質濫用、FoxNews.comは伝えました。
「これらのすべての国々からの統計があります。しかし、私たちが通常使用した[情報]が報告されないし収集されないことを意味して、特定のアルコール死亡データがある地方はほとんどありません。」
Vilma Gawryszewski博士がそれであると分かった各国の死統計、モンテイロおよび彼女の共同執筆者を捜索した後に、2007年と2009年の間に、アルコールは毎年、北アメリカと南アメリカで平均79,456のケース用の「必要な」死因でした。
研究者は、これらの死の中で最も大きな原因が肝臓病とアルコール中毒を含むことを知りました。
「私たちが医学文献と区別ができた、重要な1つのことだが私たちは、さらに私たちのデータに見つけました、アルコール消費が時期尚早の死の原因であるということである。」Gawryszewskiは言いました。
「最も高い割合は若年齢の人々の一人です[以前に死ぬ]こと、彼らの国々の平均寿命。」
アルコールによる死の中で最も高い割合の国々は、ほとんどエルサルバドル(100,000の死のうちの27.4(毎年))、グアテマラ(100,000のうち22.3)およびニカラグア(100,000のうち21.3)を含む中央アメリカにありました。
全体として、男性に女性の比率は国から国へ変わりましたが、人はアルコール必要な死の84パーセントを占めました。
エルサルバドルでは、アルコール必要原因で死ぬ人の危険は女性より27.8倍高かった。その一方でアメリカとカナダでは、危険は3.2倍高かった。
国々間のアルコール死のための年齢集団にさらに違いがありました。
アルゼンチン、カナダ、コスタリカおよび米国で、最も高い死亡率が50〜69歳の間に個人に生じました。
ブラジル、エクアドルおよびベネズエラで、最も高い死亡率が40〜49歳の間で個人の中で見られました。
独力で関係があって、これらの統計は見えているかもしれませんが、モンテイロとGawryszewskiはアルコールの消費過剰が以前に考えられたよりさらに大きな問題であることを彼らの発見物が明らかにすると主張します。
「これは単に氷山の一角です」とモンテイロが言いました。
「もちろん、負傷者、交通事故、暴力およびさらに慢性症状からのさらに多くのアルコールによる死があります?
ここでアルコールは役割を持っていますが、ただ一つの原因ではありません。
しかし、データはそれをカバーしません。
私たちは単に最も厳しい場合を得ています。」
これで、心では、研究者は、アルコール個人の量が北アメリカと南アメリカで消費するコントロールにより多くの物を行う必要があると主張します。
「私たちは、死亡率を引き下げる方法を知っています?
「母集団に基づく政策、コントロールする有効性および増加する価格で」」とモンテイロは言いました。
「私たちは、人々がアルコール依存症を持っているか、死ぬその段階に到着するのを妨げる必要があります。」




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク