ただ乗りされる 家の無線LAN


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

tada

狙われる自宅の無線LAN…ただ乗り簡単、犯罪に巻き込まれる可能性

お宅の無線LAN、勝手に使われていませんか-。他人の無線LANを“ただ乗り”したなどとして、警視庁と愛媛県警が6月、電波法違反容疑で、松山市和泉南の無職、藤田浩史被告(30)=不正アクセス禁止法違反罪などで公判中=を再逮捕した。ただ乗りによる摘発は全国で初めて。企業や一般家庭にも普及している通信手段だが、セキュリティーが甘いと「便利な犯罪インフラ」になってしまう。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6165569

無線LANとは

無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN (Wireless LAN, WaveLAN)、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれる。

無線LANにはさまざまな方式があり、IEEE 802.11シリーズが普及している。パソコンやPDAなどにおいて、一般的に利用される。
またWi-Fi(ワイファイ)とも呼ばれることがあるが、これはIEEE 802.11機器に関する業界団体であるWi-Fi Allianceによる相互接続性の認定の名称である。
日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。なお、電気通信回線に接続するものは技術基準適合認定も要する。

ISMバンドを用いる高周波利用設備からは有害な混信を容認しなければならないとされ、最も普及している2.4GHz帯の機器の場合、稼働中の電子レンジの付近では通信に著しい影響が出る。また、VICS (ETC)、一般用RFID、アマチュア無線機器など、免許・登録を受けて運用する無線局からの有害な混信に対して異議・排除を申し立てる権利は無く、逆に使用中止を要求されたら従わねばならない。更に、無線LANと同等の小電力無線局として小電力用RFID、2.4GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコン、Bluetoothなどがあり、これらに対しては先に使用しているものが優先するが、実際には混信を完全に回避できるものではない。別ネットワークの複数機器がアクセスポイント等でチャネルが重なると、スループット低下などの影響を受ける。

無線LAN特有のセキュリティ

無線LANはその名の通り無線、すなわち電波によって通信が行われるという特性上、第三者によって通信内容を傍受される危険性がある。そのため、無線LANのアクセスポイントと通信を行う機器間とのセキュリティ対策が必要となる。たとえば、ネットワークキーと呼ばれるパスワードを用いて通信できるコンピューターをそのネットワークキーを知るコンピューターのみに限定させる方法がある。
暗号化通信におけるセキュリティ技術としては主にWEPやWPAやWPA2、IEEE 802.11iがある。これらの暗号化通信ではネットワークキーによって通信機器を限定する目的のほか、通信内容を暗号化することで第三者による通信内容の傍受を防ぐ目的もある。
近年は暗号化の解読技術が進み、WEPでは10秒で解読できるという論文がある[7]。また、暗号化とは異なるがMACアドレスによって通信できるコンピューターを限定させる手法もMACアドレスの偽装が技術上可能であることからセキュリティ対策としては不適である。
情報処理推進機構によると家庭用であれば認証方式としてWPA2-PSK、暗号化方式としてAES (CCMP) を選択し十分な強度の共有鍵(大文字・小文字・数字・記号を全て含み20文字以上)を使用するべきであるという。
なお日本では、クラッキングなどの手法により、パスワードで保護されたネットワークに不正に侵入した場合、もしくは試みた場合は、不正アクセス行為の禁止等に関する法律に抵触する可能性がある。
もっとも、パスワード設定されていない無線LANを利用するだけの行為(タダ乗り)については刑事上の問題は生じない。弁護士小倉秀夫によれば、係るタダ乗りは、不正アクセス行為に該当しないし、窃盗罪に問われることもないが、本来の利用者の使用を妨げるほどの帯域を使うような場合には、民事上の追及を受ける可能性があるとしている。
2010年(平成22年)には、電波法の規定を超えた高出力の無線LAN機器を販売していたとして、大阪市・日本橋の電器店が摘発され、経営者が逮捕されている
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E7%B7%9ALAN

無線LAN「ただ乗り」初検挙の裏側を読み解く – Cyber Incident Report(サイバーインシデント・リポート)


Cyber Incident Report(サイバーインシデント・リポート)

無線LANただ乗り」初検挙の裏側を読み解く
Cyber Incident Report(サイバーインシデント・リポート)
… 電波法違反で再逮捕したと発表した。男は、高出力の無線LANアダプターを使用し、近隣の家に設置されたアクセスポイントを解析。暗号鍵を入手して接続し、そのアクセスポイント経由で不正アクセス行為などを行ったという。いわゆる「ただ乗り」だ。過去、事件に付随してただ乗りが明らかになったことはあるが、ただ

and more »

無線LAN「ただ乗り」逮捕 安全に使うには – 日本経済新聞


日本経済新聞

無線LANただ乗り」逮捕 安全に使うには
日本経済新聞
近隣の住宅の無線LAN(構内情報通信網)に不正に接続したとして、30歳の男が電波法違反の疑いで逮捕された。無線LANは急速に普及する一方、情報を盗み見られたり、犯罪に使われたりするなどの危険性が指摘されている。専門家は機器の交換などの対策を急ぐよう …
無線LANただ乗り」を初摘発、電波法違反容疑で男を逮捕INTERNET Watch
無線LANただ乗り」で初逮捕…不正アクセススポーツ報知
無線LAN:フィッシング詐欺に無断利用 電波法違反容疑毎日新聞
マイナビニュースウォール・ストリート・ジャーナル日本版
all 104 news articles »

Wi Fi、無線LAN副作用の危険性

家庭に潜む電磁波の危険性(字幕)

その公衆無線LAN、大丈夫? 個人情報漏れる危険も

街でパソコンやタブレット端末、スマートフォンを使う際、インターネットと快適につな­がる「公衆無線LAN」。使える場所が増えている一方で、個人情報が漏れてしまう危険­もはらんでいる。(朝日新聞より)




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク