ぎょう虫検査と座高測定廃止へ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

文部科学省は4月30日付けで、学校保健安全法執行規則を改正し、「座高測定」と「ぎ­ょう虫検査」の廃止を決めた。座高測定は戦時体制下の1937年、「胴長は健康」など­と考えられて始まった。戦後も小中学校や高校などで続けられた。しかし、「測定に意味­がない」などと実施を疑問視する声が出ていたという。一方、肛門にセロハンテープを貼­って寄生虫卵の有無を調べるぎょう虫検査は1958年に始まり、小学3年生以下に義務­付けられている。しかし、下水道の整備や化学肥料の普及などで、子供の寄生虫感染率は­激減。最近10年間の検出率は1%にも満たくなった。これらを理由に、半世紀以上続い­てきた座高測定やぎょう虫検査は、2015年度限りで健康診断の必須科目から外される




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク