いわき市と広野町に新たな石炭火力発電所建設へ


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

qq1

qqq2

aa43

二酸化炭素の排出量を抑えた、新たな石炭火力発電所が建設されることになった。
建設が予定されているのは、福島・いわき市の勿来(なこそ)発電所と、広野町の広野火­力発電所で、それぞれ1基ずつ建設され、工事は、2016年から始まる見通し。
建設されるのは、ガスと蒸気の複合発電を行う日本で唯一のプラントで、発電効率は、従­来の石炭火力よりも15%上昇し、二酸化炭素の排出量も、15%程度削減できるという­。
東京電力では、最大で1日に2,000人の雇用が生まれるとしている。
稼働は、1基が2020年で、もう1基はその数年後の予定。

石炭火力発電所

火力発電の黎明期から使用されている。日本ではかつて国内炭使用であったが、近年は海外炭であるほか、細かな粉末(微粉炭)にして燃焼している。
日本では、オイルショック以降、石油火力から転換した発電所も多い。中には石炭から石油に転換後、石炭に再転換した発電所もある。
燃料の安定供給や経済性に優れており、近年は石油火力に代わって建設された60~100万kW級の大型火力が主力であり、ベース電源として運用されている。
発電効率向上のため、近年では超々臨界圧(蒸気温度593℃以上、蒸気圧力24.1MPa以上)のボイラーおよび蒸気タービンを採用している。
石炭を燃焼させた後の灰(フライアッシュ)はセメントの原料として外部に売却されるほか、埋立用としても使用される。
従来、石炭火力は煙突よりばい煙を噴出し公害をイメージするものとして描かれる事が多かったが、日本では集塵装置を始めとする諸設備により大気汚染防止対策が採られている。一方、こうした対策が講じられていない国も多くあり、中国の例では2011年に北京市、天津市、河北省に存在する発電所のばい煙により、呼吸器疾患等で9,900人が死亡したとするデータもある

採用例
電源開発 松島火力発電所1、2号機(各50万kW):石炭火力では日本初の超臨界圧ボイラーおよび蒸気タービンを採用。日本で初めて海外炭を使用。
中部電力 碧南火力発電所1~5号機(計410万kW):石炭火力では日本最大の発電量。3号機は日本初の超々臨界圧ボイラーおよび蒸気タービンを採用。
北海道電力 苫東厚真発電所3号機(8.5万kW):商用では世界初の加圧流動床複合発電(PFBC)方式を採用。※2005年10月廃止
電源開発 松浦火力発電所1号機(100万kW):石炭火力では日本初の100万kW機。
電源開発 橘湾火力発電所1、2号機(各105万kW):単機出力は火力発電所では日本国内最大。
wikipedia

日本の石炭火力の煙はキレイ!

石炭が燃焼するとSOx(硫黄酸化物)やNOx(窒素酸化物)、ばいじん(すすや燃えカス)が発生します。日本は高度成長時代には大気汚染が深刻な問題でしたが、過去40年以上にわたり環境対策技術や効率的な燃焼方法を開発するなど環境負荷を低減する努力を行ってきた結果、世界の石炭火力を牽引する存在となりました。
今日、石炭火力の煙はきちんとした浄化処理を行ったうえで大気中に放出されています。つまり“黒い煙”どころか、ほとんど何が出ているか見えない状態なのです。

世界トップレベルのクリーンな石炭火力発電所

日本の石炭火力はSOxやNOxの排出量はきわめて少なく、欧米と比べてもクリーンなレベルを誇っています。J-POWERの磯子火力発電所(横浜市)は横浜市と日本で最初の公害防止協定を締結し環境対策を徹底しています。2002年に生まれかわった時に排煙脱硝装置の導入だけでなく日本で初めての水を使わない排煙脱硫装置を導入し、SOx、NOxの排出量は主要先進国と比較して、一桁低い極めて小さい値となっています。
世界を見れば、中国やインドなど環境対策が不十分なまま発展している国々で大気汚染が大きな問題となっています。日本の最先端技術を海外で活用していくことが大いに期待されています。
石炭火力発電って、今時必要なの?

福島に最新鋭の石炭火力発電所・・・

石炭火力発電の威力

ニッポンの火力発電がスゴイ!石炭・LNG発電の最新技術【1/2】

ニッポンの火力発電がスゴイ!石炭・LNG発電の最新技術【2/2】

石炭火力は安全なのか?

日本の石炭火力はクリーンだといわれますが、日本でも年間22トン以上の水銀が大気中に排出されており、そのうち1.3トンが石炭火力から出たものと考えられています。これは2000人分の致死量です。水銀は水に溶け、体内に蓄積するので「しきい値」がなく、少しずつでも吸入すると健康に影響が出ます。

他方、原発の出す「核のゴミ」は、日本で今まですべての発電所で出たものを合計しても1万7000トン。日本の石炭火力で1年間に出るゴミの1/300です。そこから出るプルトニウムの毒性は水銀の半分ぐらいですが、水に溶けず、体内に蓄積することもありません。「10万年後の安全を保証できない」などという人がいますが、水銀の毒性は永遠に続きます。放射性物質だけをきびしく規制しても、生活の安全性は高まりません。

おまけに石炭の採掘事故で、世界で毎年1万人以上が死んでいます。こういう死者を合計すると、石炭火力の死亡率(発電量あたり)は原子力の4000倍です。

ここには地球温暖化のリスクは含まれていません。これでどういう被害が出るかははっきりしませんが、国連の予測によると、大雨や洪水や干ばつなどの異常気象がふえ、海面が数十センチ上がると予想され、その被害は2100年に約1兆ドルといわれています。
http://agora-web.jp/archives/1587970.html




Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク