【ナンペイ事件】10年前に病死の男性と指紋が酷似


楽天のお買い得が キーワードから即 検索できます。 楽天からのおすすめ商品

八王子スーパー殺人事件(はちおうじスーパーさつじんじけん)は、1995年7月30日に東京都八王子市で、閉店後にスーパーマーケットの女性スタッフ3人が殺害された事件。そのうち2人はアルバイトの女子高生である(当時17歳と16歳)。
警視庁による正式な呼称は「大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件」。また、店舗の名前から「ナンペイ事件[1]」「スーパーナンペイ事件[2]」「八王子スーパーナンペイ事件[3]」とも呼ばれる。
懸命な捜査が続けられているものの犯人は逮捕されておらず、未解決事件となっている。また、捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)の対象事件にも指定されている。動機については強盗説と怨恨説があるが(後述)、警視庁は強盗殺人容疑で捜査している。
Wikipedia 引用
【ナンペイ事件】10年前に病死の男性と指紋が酷似 八王子スーパー強盗殺人 – ハフィントンポスト


毎日新聞

ナンペイ事件】10年前に病死の男性と指紋が酷似 八王子スーパー強盗殺人
ハフィントンポスト
東京・八王子の「スーパーナンペイ大和田店」で1995年、女性店員3人が射殺された強盗殺人事件で、被害者を縛った粘着テープに残された指紋が、10年前に病死した都内の日本人男性の指紋と似ていることが分かった。時事ドットコムなどが警視庁からの情報として、2月18 …
スーパーナンペイ事件で粘着テープから採取指紋が死亡男性と酷似TBS News
スーパーナンペイ事件とは これまでの捜査の経緯テレビ朝日
スーパーナンペイ事件 採取の指紋が当時50代の死亡男性と酷似fnn-news.com
毎日新聞
all 86 news articles »

1995年八王子スーパーナンペイ事件 新事実
独自 10年前死亡の男と“指紋一致” ナンペイ事件(15/02/18)



Naver 事件 事故 総まとめ

レア掘り出し物 秘密だよ! 激安 即席めん レトルト食品専門
セクシーな下着屋さん
スパイカメラ小型カメラのスパイダ―ズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク